20171225-01

「カメさんを拾った、でもうちじゃ飼えない」という時のベストな対処法とは?

カメさんとの出会いは、飼い主さんから迎えに行くケースだけでなく、“偶然出会った”というような出会い方もあります。実際、「飼うつもりじゃなかったけど、飼っています♪」という人もいます。

……例えば、あなたが道を歩いていて、向こうからカメがトコトコと歩いてきたらどうしますか?きっと、無視はできないでしょう。
でも「カメさんを拾ったものの、うちじゃ飼うことができない」という方もいると思います。

今回は、カメを道端で拾った時の対処法として皆さんに実践していただきたいことをご提案させていただきます。

【カメを道端で拾った方に実践してほしいこと】

その1 本来の飼い主さんを探す
その2 里親サイトで里親を募集する
その3 ペットショップや市、動物園に連絡する

その1 本来の飼い主さんを探す

道端でカメと遭遇することはめったにないですが、もしそういう状況になったなら、まずは保護してあげましょう。
散歩中に迷子になったのかもしれませんから、近くに飼い主さんがいないか探します。
見当たらなかった場合、とりあえず家に連れて行きましょう。

カメさんを保護された方は、まず飼育ケース(100円ショップのプラスチックケースでOK)を用意してください。
季節が冬であれば、ヒーターは必須です。何かの縁だと思ってヒーターを用意してあげましょう。可能であれば岩も置いてあげます。

本来の飼い主さんは近所の方である可能性が高いです。周辺にある掲示板などに「カメさんを保護しました、飼い主さんを探しています」という一文と、保護された方の連絡先を書いたチラシを貼っておきましょう。ひょっとすると本来の飼い主さんから連絡がくるかもしれません!

その2 里親サイトで里親を募集する

数か月が経過しても飼い主さんが見つからなかった場合、親戚や友人などでカメの飼い主になってくれる人がいないか聞いてみることをおすすめします。

それでも見つからない時は、インターネットの里親サイトで里親を募集しましょう。

里親サイトの大手といえば「ペットのおうち」です。
(参照リンクhttp://www.pet-home.jp/)
過去の募集を見ればわかりますが、こちらのサイトであれば里親さんが見つかる可能性が非常に高いです。

ご近所で里親さんを探すときは、そのほかの掲示板サイトを利用するのも手です。

その3 ペットショップや市、動物園に連絡する

里親サイトのほかにも、カメさんを代わりに保護してくれるところがあります。

一つ目は、ペットショップです。
実店舗でも引き取ってくれる場合がありますが、ほとんどないと考えてよいです。
横浜にある「かめんちゅshop KEEPER2号店」では、来店でのカメの引き取りを行っているようです。(参照リンクhttp://turtlekeeper.jp/)

また、ネットショップの中にはカメを引き取ってくれるところがあります。
さらに、一部の市ではミドリガメを引き取ってくれる場合がありますから、一度問い合わせてみてください。
テレビで放送されたこともありますが、静岡県賀茂郡にある動物園の「iZoo【イズー】」でもカメや爬虫類、両生類などを引き取ってくれます。

なお、今回ご紹介した3つの方法は、カメさんを拾った方だけでなく、万が一カメさんを自宅で飼うことができなくなった方にも実践してもらいたいことです。

もっとも、カメの飼い主になるということは、カメを家族の一員として迎え入れるということ。生涯をともにする覚悟が必要です。
カメの飼い主になると決めた以上、可能な限りカメさんと一緒に暮らしていきましょう!

いずれにしても、カメさんを池や川などに捨てることは絶対にやめましょう。
「カメは人間と同じ生き物」だということを心に置いておいてくださいね!

Tags: ,