カメさんの食生活は意外に厳しいんです!?

前回の記事では、カメさんが健康に生きていくために日光浴が必須と書きましたが、日光浴と並んで大切なことがもう一つあります。
それは“バランスの良い食事”。

人間だって栄養が偏ってしまっては、病気になりやすくなったり免疫力が低下したりしますよね。それはカメだって同じ。

カメが病気にならないためにも、毎日の食事には十分気を使ってあげたいところ。
では、どのようなことに注意したらよいのでしょうか?

カメさんの食事で気を付けたいこと

その1 基本は市販の「配合飼料」
その2 好きなものばかりを与えないで!
その3 これをあげてはいけない!160725-01

その1 基本は市販の「配合飼料」

一般的に、子ガメのうちは肉食傾向が強く、大人になるにつれ草食傾向になるといわれています。
だからといって動物性の肉類ばかり与えてしまうのはNGです!

160725-02

カメ用に市販されている配合飼料を食事のメインにしましょう。これが後々かなり重要になってきます。なぜなら、カメは一度偏食すると元に戻すのがなかなか困難だからです。

配合食料ならカメに必要な栄養素がしっかり含まれているので、これだけでもある程度は育ってくれます◎

その2 好きなものばかりを与えないで!

お腹が減った時、パタパタと泳ぐように“エサくれダンス”をする姿はとってもかわいいですよね♪
可愛さのあまり、どんどん食べてくれる乾燥エビやお刺身ばかりをあげてしまう……これは絶対にNGです!本当にカメさんのことを思うのであれば、心を鬼にして、ちゃんと配合飼料を食べさせましょう。

カメさんがどうしても配合飼料を食べてくれない場合は、「断食させるといい」という話を耳にします。私もそれを実践しましたが、失敗に終わりました。個体にもよると思いますが、断食させても食べないものは食べません。
好物といっしょに与えるなどして徐々にエサの味を覚えさせることが肝心です。

その3 これをあげてはいけない!

カメは基本的に雑食な生き物。「おいしい」と感じればなんでも食べてしまう傾向があります。
それゆえ、飼い主に知識がないと、本来は食べさせてはいけないものまであげてしまう危険性があります。一見栄養がありそうなものでも、カメが体調を崩す原因になってしまうかもしれません。

例えば、ウインナーやハムなどの練り製品は塩分や、脂肪分が大量に含まれているのであげてはいけません。
他にも、人間にとっては必要な乳製品だったり、お菓子などの嗜好品もNGです。
要は、「人間が食べるものは基本的にあげてはいけない」ということです。

 

飼い主である私たちが、カメさんの食生活を上手くコントロールしてあげる必要があります。
カメさんの食生活は意外にも厳しいんです!

Tags: ,