160623

猫ちゃん必須アイテム「爪とぎ」

ペットとの同居は、楽しいだけでなくトラブルもつきものです。
そのなかでも、飼い主を悩ます猫ちゃんあるあるの一つ、爪とぎ。
工夫を怠ると、家中の壁やらソファーの足やら、いつの間にかボロボロにされてしまいます。

今日はそんな、猫ちゃんの必須アイテム(?)爪とぎについて。
2016今年の初めには「ネコの飼育数が犬の飼育数とほぼ並んだ」とニュースにもなっただけあって、爪とぎだけとってもさまざまな形や価格帯のものがあります。
ちょっと検索してみただけでも、ポールに麻ひもがしっかり巻き付けてあるタイプや、段ボール素材を猫やおうちなどいろいろな形に成型してあるタイプなどバリエーション豊か。

わが家で初めて猫ちゃんをお迎えすることになったときにも、いろいろな種類があるので目移りしたものです。
そんななか選んだのは、爪とぎポール付きのキャットタワー。
(キャットタワーの柱が爪とぎになっているともいう。)
タワーはステップが3つにハウスとハンモックが1つずつ付いていて、突っ張り式で床と天井の間に固定するものです。
天井まであって場所を取るかなあ?とは思いましたが、猫ちゃんは高低差のある運動が好きらしいと聞いたため一石二鳥!とこれに決めました。

が……。
我が家の猫ちゃん、まったく完全に、見向きもしませんでした!(笑)
本当にもう存在自体スルーです。
気持ちがいいくらいに、タワーにも爪とぎにも関心を示さない……。
誰にも顧みられることなく、ひっそりとたたずむ寂しそうなキャットタワー。
いつしかステップには子どものおもちゃやら、さまざまなものがいつのまにか乗った状態に。
THE無用の長物。

1b

あんな大きなものを張り切って買ってしまったけれど、猫さまのお気に召さなければどうしようもないのだということを学びました。
そして初めから張り切りすぎたのか?と反省して、次にトライしてみたのは百円均一の爪とぎです。
麻ひもがダメなら段ボール素材はどうだろう?と思っていたところに、ちょうど百円均一で手ごろなものを見つけたのでした。(もしもダメでもお財布に超優しく、場所取らない(笑))

そっと猫ちゃんのそばへ置くと、ひとしきりクンクン匂いを嗅いだ後おもむろに「カリ!カリカリカリ……!」
やったああー!爪、研いだーー!!と内心小躍りしながら様子を見守っていると、すぐに止めてしまいました。
百円均一の爪とぎは厚さが2cmほどで大きさがタテ45cmヨコ10cmの板状なので、研いでいるうちに爪とぎ自体が床の上を滑ってしまってよろしくないようです。

1c

そこで編み出したのが(というほどたいそうでもない)家の柱に百円均一の爪とぎを固定するというもの。
我が家では爪とぎを2枚用意して柱のふたつの面に張り付け、猫ちゃんが両手をガリガリやりやすいようにしました。
これがうちの子には合っていたようで、設置以来ずっと毎日小気味いいガリガリ音を立てて使ってくれています。1d

爪とぎしているところを撮りたかったのですが、何故かにらめっこになりました…。

猫ちゃんのストレス解消と古くなった爪をはがすための大切な役目のある爪とぎ。
お宅の猫ちゃんにピッタリ合うものが見つかるといいですね。